大洗パークホテルスタッフブログ「パーク探検隊が行く!」

パーク探検隊が行く!≪vol.202≫涸沼ラムサール条約登録

更新日:2015.6.28

5/28(木)、涸沼がラムサール条約湿地に登録されました。

~ラムサール条約について~
正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」で、
締約国数:168ヶ国(平成27年5月現在)。
国内登録湿地は50ヶ所148,002ヘクタールです。
(登録要件)
・国際的に重要な湿地であること。
・国の法律により、将来にわたって自然環境の保全が図られていること。
・地元住民などから登録への賛意が得られていること。

涸沼はスズガモの東アジア個体群の1%基準2,500羽以上が飛来し、絶滅危惧種のヒヌマイトトンボが
生息していることが登録を認められた要因とのこと。

アクアワールド大洗水族館では、
6/24(水)より『涸沼ラムサール条約湿地登録記念展示』として涸沼に生息する生物を展示中です。

詳細はこちらから…。(アクアワールド大洗水族館HP)